【評判は?】図書館バイトについて徹底解説!志望動機〜面接対策まで

更新日:

おすすめバイト⑮図書館

空調の効いた空間で、好きな本に囲まれながら仕事ができる図書館バイト

なんとなく、飲食店のバイトなどと比べて楽なイメージがありますが、実際どうなのでしょう。

今回はそんな図書館バイトについて、仕事内容から志望動機、採用されるための秘訣についてもお伝えします。

【当サイトから応募の多い人気アルバイトサイトTOP3】
 
【1位】マッハバイト…最大1万円のお祝い金がもらえる!
 
【2位】アルバイトEX…日本最大級の求人サイトで求人数が豊富!
 
【3位】バイトル…安心の大手求人サイト!使いやすいと評判!

図書館バイトの仕事内容について解説

図書館バイトの探し方

図書館のバイトがやる仕事は、以下のとおりです。

基本的な作業内容

  • 開館・閉館準備=掃除やドアの解錠・施錠、電気・空調設備のオンオフなど
  • 貸出・返却手続き=バーコードを読み取って、パソコンにデータを入力
  • 書庫への移動(配架)=返却された本を元あった棚に戻す作業。大きな図書館ではこの作業がメインになることもある
  • 利用者の資料探しの手伝いなどの応対=本に関する知識が必要
  • 倉庫の資料整理
  • パソコンでのデータ入力業務=本のタイトル、サイズ、ページ数を埋めていく作業。このデータベースを作ると、利用者は図書館にある資料を探すことができる

これらは基本的な作業で、一度覚えればどれも簡単です。

また、司書資格を持っている人や業務に慣れてきた人は以下のような作業を任されることもあります。

図書館サービスの質を上げるための作業内容

  • 傷んだ本の修繕手伝い
  • 選書=図書館に入れる本を選ぶ作業。利用者の傾向や最近の話題性を取り入れる必要あり
  • リクエストサービス=予約のあった本の購入、図書館同士で貸し借りを行い利用者に提供する作業
  • レファレンスサービス=資料を探している利用者に対して、参考資料を代わりに紹介する作業
  • イベントの開催=子どもたちへの読み聞かせなど、図書館で行われるイベントの企画・開催

少し難易度が上がりますね。しかし、図書館ではこういったことができる人は重宝されます。

というのも、最近では、事務的な作業はパソコンを使えば誰でもできるからです。

そこで、重要なのは利用者とコミュニケーションをとって図書館をまた利用したいと思ってもらうことや、ニーズのある本を仕入れたりサービスを展開したりすることです。近年は図書館を利用する人が以前よりも減っているので、他図書館よりも充実したサービスを提供することが必要になってきます。

清掃専門の募集もあり

図書館によっては、清掃を民間業者に委託しているところもあります。

そのような場合、民間業者が「図書館での清掃」を募集しています。しかし、こういった求人は勤務時間が3時間程度と少なめなので、ガッツリ稼ぐことは難しいですね。

図書館バイトの給料事情(時給)

軽作業のバイト給料事情(時給)について

図書館バイトの平均時給は、800円〜1,000円程度です。時給だけ見れば「平均的」といったところでしょう。

しかし、「大学図書館の学生バイト」や「長期休みの本の整理だけのバイト」は時給が安い傾向にあります。

図書館バイトのメリット・デメリット

スーパーで働くメリット、デメリット

それでは、図書館バイトのメリットデメリットを見ていきましょう。

まずは3つのメリットです。

メリット

 快適な環境で仕事ができる
 深夜帯のシフトがない
 販売ノルマがない

図書館はどこも空調が効いているので、夏は涼しく、冬はポカポカしています。また静かな環境なので、かなり働きやすいですね。

さらに深夜帯のシフトがない点や販売ノルマがない点も、体力的・精神的にはけっこう楽です。

一方で、以下のようなデメリットもあります。

デメリット

 裏方の作業が多いので、体力が必要
 本の知識がある程度必要
 本が汚れていた場合にかける電話が憂鬱

図書館バイトの仕事は、本を運んだりする裏方の仕事が多いので体力が必要になります。

また、本についての知識もある程度必要でしょう。利用者が参考資料を探している時に、解決できるような提案をしないといけないからです。

図書館によっては、本が汚した利用者に電話をかけて、問いただし・弁償の話をすることもあります。中には自分はやっていないと、しらを切る人もいるので、クレーム対応のような煩わしさがありますね。といっても、こういったことはあまりないので、バイトを始める前からそこまで気にする必要はありません。

 

以上のような感じで、図書館バイトにはメリット・デメリットがありますが、

ぶっちゃけると、他のバイトに比べれば「かなり楽」です。

営利目的ではないので現金の授受もないですし、体力が必要と言っても、女性でも十分務まります。

時給が平均的なのでガッツリ稼ぐことは難しいですが、静かな環境で落ち着いて仕事をしたい方にはおすすめのバイトです。

図書館バイトの面接でよくある質問

パチンコ屋のバイトQ&A

図書館バイトは人気があるので、他のバイトと比べて「面接」を重視する傾向にあります。

面接でよくある質問は以下のとおりです。

  • 自己紹介をどうぞ
  • 長所・短所を教えて下さい
  • 力仕事が多いけど大丈夫?
  • 年配の人と話す時に気をつけていることはある?
  • これまでどんなバイトをしてきましたか?
  • 本は好きですか?これまでどんな本を読んできたか教えてください
  • なぜ図書館で働きたいと思ったのですか?
  • シフト(勤務曜日・時間・回数)
  • 通勤時間(交通費が出ないところもあるので)

かなりいっぱいありますね。重要な点は赤字にしました。

先ほども見たように、図書館バイトは力仕事が多いので「力仕事が多いけど大丈夫?」といった質問はよく受けます。

また、シフトはできるだけたくさん出せたほうが良いですね。これは募集要項をよく読んで、募集中の時間帯と勤務回数をチェックして下さい。

他の質問はそれほど重要ではありませんが、人間性を見られるのである程度スラスラ言えるようにしておきましょう。

面接時の服装・化粧について

面接時の服装・化粧について

図書館バイトの面接では、スーツが無難です。

もしスーツがない人は、襟付きの白シャツ+ジャケット、パンツはスラックスやチノパンを併せましょう。いずれもジーパン等はNGで、なるべくフォーマルな服装を意識して下さい。

化粧はなるべく薄めにしましょう。すっぴんで行くのは失礼なので、ナチュラルメイクが良い印象を与えられます。

志望動機はどうする?

志望動機はどうすればいいの?

図書館バイトの志望動機を作る際は、一般的なアルバイトよりも少し工夫が必要です。

多くの人は「本が好きだから」「昔から図書館をよく利用していたから」などを挙げますが、これでは薄いです。

なぜなら、面接官からすれば「図書館バイトを受ける人のほとんどは本が好き」ということは知っているので。

他の面接者よりも優位に立ちたいなら、

「本が好き→その図書館にどのように貢献できるか、図書館サービスをどのように向上させられるか

といった目線を持つことが重要です。要するに、相手に「この人を雇いたい」と感じさせられるかがポイントです。

なんだか就職試験のようですが、人気のある図書館バイトの面接を突破するにはそこまで考える必要があります。

図書館バイトの探し方

図書館バイトの探し方

図書館バイトの探し方は、主に3つあります。

  1. バイト求人サイトを利用する
  2. HPや図書館の掲示物を見る
  3. 日本図書館協会の「図書館職員求人情報」をチェック

バイト求人サイトを利用する

まずは王道ですが、大手の「バイト求人サイト」を利用する方法です。

図書館のバイト求人が特に多いのは、以下のサイトでした。

アルバイトEX

マッハバイト

タウンワーク

アルバイトEXとマッハバイトは採用が決まると、サイトからお祝い金がもらえる制度があります。直接図書館に応募するよりも絶対にオトクなので、ぜひこの制度を活用してみて下さい。

もし1ヶ月未満の短期で働きたいと考えている方は、年度末や夏休み前に求人チェックをしましょう。こういった時期は棚卸しをしたり繁忙期で人が必要だったりするので、「本の整理のみ」の求人を募集していることもあります。

HPや図書館の掲示板を見る

近くの図書館でバイト募集をしているか確認するには、HPや図書館内の掲示板を直接チェックしましょう。

大学の図書館は、構内の求人掲示板で募集していることも多いです。

日本図書館協会の「図書館職員求人情報」をチェック

日本図書館協会の公式HPでは、「全国の図書館職員求人」が掲載されています。

求人数自体は少ないのですが、かなりレアな案件もあるので、こちらも併せて活用してみて下さい。

-バイトの仕事内容・評判

Copyright© みんなのおすすめ求人NAVI , 2019 All Rights Reserved.

TOPへ