【評判・口コミはどう?】出前館 配達員の始め方や注意点を徹底解説!

投稿日:

【評判・口コミはどう?】出前館 配達員の始め方や注意点を徹底解説!

 

出前館配達員を始めたい!でも、実際どんな感じか分からないから不安・・・」

この記事では、そんな方にぜひ知ってほしい「出前館の配達員を始める前に知っておくべきポイント」をまとめました!

当記事を読めば、出前館の配達員の全てがわかるよう、徹底的に解説しています。始めてから「こんなはずじゃなかった!!」と後悔しないよう、応募前に一度目を通してみてください。

<出前館の配達員は以下のページで募集中!>




【当サイトから応募の多い人気アルバイトサイトTOP3】
 
【1位】マッハバイト…最大1万円のお祝い金がもらえる!
 
【2位】アルバイトEX…日本最大級の求人サイトで求人数が豊富!
 
【3位】バイトル…安心の大手求人サイト!使いやすいと評判!

目次

出前館 配達員の仕事内容・流れ

出前館

出前館は、加盟店数・注文数ともに国内最大級の出前注文サイトです。

調査会社のショッパーズアイが2020年9月に実施した調査では、宅配デリバリーサービスにおいて「配達員の質」「信頼」「お得」の3部門でNo.1を獲得しており、利用者からの評判も良いサービスとなっています。

そんな出前館の配達員の仕事内容は、出前館に加盟している飲食店の料理を注文者の元まで届けることです。具体的な流れとしては、次のとおりです。

出前館の配達の仕組み

出典:出前館

①ユーザーが出前館で料理を注文
②注文を受けた飲食店が料理を作る&配達員が店舗へ行き、店員から商品を受け取る
③配達員がユーザーの自宅まで届ける

出前館の配達範囲は、Uber Eatsなどと異なり比較的狭い範囲となっています。具体的には半径2km圏内がほとんどで、片道10分以内が配達エリアです。

出前館の配達員は雇用形態「アルバイト/業務委託」で働き方が大きく異なる!

出前館の配達員は雇用形態「アルバイト/業務委託」で働き方が大きく異なる!

出前館の配達員を始める前に、まず知っておくべき点が「雇用形態の違い」です。

出前館では「アルバイト」と「業務委託」という2種類の雇用形態を採用しています。このどちらを選ぶかによって、収入や勤務時間、細かなルールなどが異なるので注意しなければいけません。

アルバイトと業務委託の違い、どっちが良いの?

アルバイト」は、出前館と雇用契約を結び、出前館の従業員として働きます。一般的なアルバイトと同じ雇用形態で、勤務時間はシフト制、収入は時給制となっています。

一方、「業務委託」は出前館と業務委託契約を結び、個人事業主として働きます。勤務時間は決まっていなく、自分の好きなタイミングで働くことができ、収入は1件配達すると○円といったように歩合制となっていることが特徴です。

どちらを選べば良いのか迷う人も多いと思いますが、

  • アルバイト→決まった時間に働きたい、安定した収入を得たい
  • 業務委託→空き時間で働きたい、なるべくたくさんの収入を得たい

上記のような基準で選ぶ人が多いです。

ただし、それぞれ働き方が大きく異なり、メリット・デメリットもあるので、次章からの内容を読んでどちらが自分に合っているのか、決めてみてください。

出前館の配達員の給料・時給・報酬を解説!

出前館の配達員の給料・時給・報酬を解説!

出前館の配達員の収入は、アルバイトとして働いた場合は「時給制」、業務委託契約を結んで働いた場合は「歩合制(報酬制)」となっています。

アルバイトの時給は地域によっても違いますが、だいたい950円〜1,200円前後です。

業務委託の場合は、関東エリア(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)だと1件の配達で715円関東エリア以外(宮城県、愛知県、大阪府、兵庫県、広島県、福岡県、鹿児島県)だと1件660円です。

たくさん稼げるのはアルバイト、業務委託どっち?

で、どっちの方が稼げるの?というと、たくさん稼げる可能性があるのは「業務委託」です。

出前館のデータでは「1時間あたりの平均配達依頼件数は2件〜5件」なので、業務委託の収入を時給換算した場合は・・・

  • 関東エリア:平均1,430円〜3,575円
  • 関東エリア以外:平均1,320円〜3,300円

となり、アルバイトの平均時給950円〜1,200円を上回ります。

さらに、業務委託では「インセンティブ制度(ブースト)」が用意されています。

これは報酬単価が通常報酬の最大1.4倍となる制度です。関東エリアなら1件の配達で最大715円×1.4=1,001円、関東エリア以外なら660円×1.4=924円となります。ただし、この制度は常に実施されているわけではなく、不定期でキャンペーン的な感じで実施されています。

以上のように、たくさん稼げる可能性があるのは「業務委託」なのですが、注意点もあります。それは配達依頼件数は地域や配達時間、季節、その日の天候などによっても変動するため、収入の波が発生しやすい点です。

一方、アルバイトは時給制なので大きく稼ぐことは難しいですが、極論、1件も配達しなくても時給は必ず発生するので、収入は安定していると言えます。

業務委託の場合は最低時給保証が付く場合もある

なお出前館は、業務委託の場合は「最低時給保証が付く場合もある」としています。

具体的な条件等は示されていませんが、稼働時間に対して配達依頼件数が極端に少ない場合などはこの仕組みが採用される可能性があるでしょう。

業務委託の場合は確定申告を自分で行う必要がある

注意点として、業務委託で働く場合は「個人事業主」となるため、確定申告を自分で行う必要があります。

「確定申告」と聞くと「めんどくさそう」「大変そう」と思うかもしれませんが、最近は確定申告用の会計ソフトも出ており、画面の指示に従って入力するだけで完成するようになっているので、そこまで心配する必要もないでしょう。

給料日はいつ?日払い・週払いには対応している?

アルバイトの給料日は基本的に「月末締め翌月15日払い」ですが、出前館は給与前払いサービス「キュリカ」というサービスに対応しており、日払い・週払いも可能です。

業務委託の場合は、報酬の支払いが月2回あります。「毎月末締めの翌月5日払い」と「毎月15日締めの同月20日払い」です。こちらは日払いには対応していません。

<出前館の配達員は以下のページで募集中!>

出前館の配達員の勤務時間・休憩は?

出前館の配達員の勤務時間・休憩は?

アルバイトはシフト制

アルバイトとして勤務する場合、勤務時間は「シフト制」となります。

出前館の注文受付自体は11:00〜21:00ですが、勤務時間帯は各エリアによって11:00〜15:00、16:30〜21:00などのように異なり、その中で希望の曜日・時間帯を指定して働きます。

最低勤務時間は、週1・1日3時間程度〜となっています。場合によっては1時間程度の残業が発生することもあります。もちろんその場合は残業代が支払われます。

休憩は6時間以上の勤務で45分、8時間以上で1時間とります。休憩時は各エリアに設けられた拠点などでご飯をとったりして休みます。

シフトの提出はスマートフォンの専用アプリで行い、シフト管理は半月に1度行われます。また、シフト調整などがある場合は出前館から連絡が来ます。

業務委託は好きなタイミングで働ける

業務委託として働く場合は、シフト等は決まっていないため自分の好きなタイミングで働けます。始業時は専用アプリをONにすることで勤務開始となる仕組みで、休憩は、注文が入っていない待機時間で自由に休む、といった感じです。

業務委託はアルバイトと異なり最低稼働日数等もないので、今月は忙しいからやらない。来月暇になったらがっつり働こう!といった柔軟な働き方もできます。

  • 空き時間を使って単発バイトのように稼ぎたい
  • 決まった勤務時間に働くことが難しい
  • 自分の好きなタイミングで働きたい

こんな方は業務委託で働くのがおすすめですね。

出前館の配達員ができるエリア・地域は?

出前館の配達員ができるエリア・地域は?

アルバイトの場合、出前館は一部地域を除きほぼ全国に展開しているため、バイト募集があれば配達員を始めることができます。

一方、業務委託の場合は2021年2月現在、以下の1都10県の一部エリアのみで配達員の募集をしています。

対象エリア
宮城県、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、愛知県、大阪府、兵庫県、広島県、福岡県、鹿児島県

なお、勤務エリアは大阪府なら「大阪都心拠点」「東大阪拠点」などのように細かく分かれていますが、業務委託の場合は複数エリアに登録してエリアを跨いで働くことも可能なので、今日はAエリア、明日はBエリアといったように様々なエリアで勤務も可能です。

<出前館の配達員は以下のページで募集中!>

出前館の配達員として働くメリット・デメリットは?

出前館の配達員として働くメリット・デメリットは?

ここまでの内容をもとに、出前館の配達員として働くメリット・デメリットを、アルバイトと業務委託に分けて紹介します。

アルバイトのメリット

  • 時給制なので働いた分はお金が確実にもらえる。収入の波は少ない。
  • 確定申告をする必要はない
  • 配達員の募集を全国で行っている

アルバイトのデメリット

  • 時給制なので大きく稼ぐことは難しい
  • 勤務時間はシフト制なので隙間時間で働くのは難しい、急に休みたい時なども難しい
  • 給料日は月1回のみ

業務委託のメリット

  • 報酬制なのでたくさん稼げる可能性がある。報酬単価は業界トップクラス
  • 自分の好きなタイミングで働ける
  • 報酬の支払いが月2回ある

業務委託のデメリット

  • 報酬制なので収入に波がある
  • 確定申告を自分でする必要がある
  • 配達員の募集は限られたエリアのみ
  • 配達用バッグや車両などは自分で用意する必要がある(後ほど説明します)

出前館の配達員の登録方法・始め方を紹介!

出前館の配達員の登録方法・始め方を紹介!

出前館の配達員を始める際、アルバイトとして働くのか、業務委託で働くのかによって勤務開始までの流れが異なります。

出前館の配達員アルバイトとして働く場合の応募〜勤務開始までの流れ

アルバイト」として出前館の配達員を始める流れは以下の通りです。

①該当エリアの求人募集ページよりWeb応募
②面接
③採用決定後、研修を受ける
④勤務開始

①該当エリアの求人募集ページよりWeb応募

まずは、出前館の配達員求人募集ページよりWeb応募をします。

マッハバイト

求人募集は出前館公式HPにもありますが・・・おすすめは「マッハバイト」という求人サイトを利用することです!

なぜなら、マッハバイト経由で出前館の求人に応募し、採用が決定。初出勤日が確定すると最低5,000円、最大10,000円のマッハボーナスと呼ばれるお祝い金をもらえるからです。

このお祝い金システムは出前館公式HPにはなく、また他求人サイトのお祝い金と比べてもマッハバイトはダントツ高額です。

なので、応募時は一度マッハバイトに該当求人がないか調べてみることをおすすめします。

マッハバイトについては以下のページでも詳しく説明しています。

②面接

次に面接です。面接は「店舗面接」と「電話面接」から選べます。

出前館は各エリアごとに”拠点”をもち、ここで面接や研修などを実施します。

面接時は履歴書不要で、面接内容は一般的なアルバイトとあまり変わらないと思っていいでしょう。

③採用決定後、研修を受ける

採用が決定したら、研修を受けます。仕事の進め方、配達時の安全運転の方法、コンプライアンスなどを学びます。

研修後はテストもあり、ここで不合格だと再度研修を受ける必要があります。

④勤務開始!

テストに合格したら、勤務開始となります。

勤務日は、まず配達員が待機する出前館の拠点へ出勤します。

着いたら、出前館のロゴが入った上着・帽子・ポーチ・携帯ストラップ、釣り銭、ナビゲーション用のスマートフォンを受け取ります。

配達前は車両の点検を行います。

車両は自転車or原付バイクで、出前館のもの、または持ち込んだ自分の車両を使用します。自分の車両を使う人は別途インセンティブが時給にプラスされる場合があります。

配達依頼が入ると、出勤時に貸与されたスマホの専用アプリに指示が届くので、店舗の場所を確認して受け取りに向かいます。

受け取りが完了したら、専用アプリの「受取完了」をタップし、注文者の元に届けます。

配達が完了したら、専用アプリで「配達完了」をタップし、LINEで拠点の担当者へ連絡を入れます。

次の配達指示が入っていなければ、注文の多い配達エリア近辺で待機、またはポスティング活動を行う場合もあります。

以上が「アルバイト」として出前館で働く流れとなります。

出前館の配達員を業務委託する場合の応募〜勤務開始までの流れ

業務委託」として出前館の配達員を始める場合の流れは以下の通りです。

①Web説明会の応募
②研修動画の閲覧、理解度テストを受ける
③Web説明会へ参加
④必要書類をメールで送る
⑤出前館の拠点でアプリの使い方や注意事項などを聞く
⑥勤務開始!

①Web説明会に応募

出前館-Web説明会に応募 最初に出前館の業務委託配達員募集ページから「Web説明会に応募」します。

出前館-Web説明会に応募2

Web説明会はほぼ毎日、11時頃から20時頃まで9回ほど実施されています。参加できる日時を選択して応募しましょう。

Web説明会は「Google Hangouts meet」というオンライン会議システムを使って行われます。スマホ・PCのどちらからでも参加できますが、事前に会員登録をしておく必要があります。

Google Meet

Google Meet

Google LLC無料posted withアプリーチ

②研修動画の閲覧、理解度テストを受ける

Web説明会に応募すると、登録したメールアドレスに研修動画を見るためのURL、ログインID、パスワードが送られてきます。

研修動画では、配達時の流れやルール、服装の規定、その他交通ルールなどの注意点を学びます。

研修動画を見終わったら、理解度テストを受けます。理解度テストは28点満点で、◯×形式で回答していきます。制限時間等は特になく、テスト自体も何度でも受け直すことができます。

テストで出てきた問題は業務時に必須の知識なので、できれば満点が取れるまで繰り返し行いましょう。

③Web説明会へ参加

Web説明会の実施時間はだいたい30分〜1時間くらいです。

Web説明会では、最初に全体説明

  • 配達の概要について
  • 配達時の服装、バッグについて
  • 配達報酬について
  • 交通ルールについて

といったことを聞きます。

その後、個人面談が行われます。面談といっても面接のようなものではなく、以下のような確認作業や質疑応答なので、緊張する必要はありません。

  • 配達拠点はどこにするか?
  • 初回配達日はいつか?
  • 配達方法は自転車、バイク、車?
  • 配達時は現金対応アリにするか?・研修動画を見て、理解度テストは実施したか?

④登録を行い、必要書類をメールで送る

説明会が終わると、メールで登録案内が届くので、指示に従って登録作業を進めていきましょう。

この時、必要書類などをメールで送る必要があります。以下のものを事前に準備しておきましょう。

配達方法が自転車の人

  • 身分証明書(免許証、パスポート)
  • 任意保険証書
  • 報酬振り込み用の銀行口座

配達方法がバイク、車の人

  • 免許証
  • 自賠責保険証書
  • 任意保険証書
  • 有償運送許可証または事業用登録がわかる書面(125cc以上のバイクを利用する人)
  • 報酬振り込み用の銀行口座

注意点として、業務委託で出前館の配達員をする場合は、配達方法にかかわらず全員が必ず「任意保険」に加入しなければいけないことです。

保険の補償内容は「対人無制限、対物1,000万円以上」が推奨されています。なお、通常の任意保険ですと配達中(業務時)は適用外となるため、必ず事業用の任意保険に加入しましょう。

⑤出前館の拠点でアプリの使い方や注意事項などを聞く

Web説明会時に指定した日時に出前館の拠点へ行き、アプリの使い方や注意点などを聞きます。説明は30分程度で終了します。

最後に配達用の帽子と領収書を受け取り、完了です。

⑥勤務開始!

業務委託で働く場合の仕事の流れは以下の通りです。

①始業時に配達員用のアプリを起動
②配達リクエストを確認
③複数のリクエストの中から、案件を選択
④配達する料理を取りにお店へ移動
⑤料理を注文者の元に配達して完了

配達方法については、事前に動画や説明会で聞きますが、トラブルになったときやわからないことがあったときは各拠点のスタッフに電話をすることで指示を仰いでもらえます。

出前館の配達員として働く際の服装・髪型・髪色は?

出前館の配達員として働く際の服装・髪型・髪色は?

出前館の配達員の服装・髪色等は以下のような規定となっています。

服装

上はシャツ、下は無地の黒い長ズボン。ハーフパンツは不可。また、靴に関しては「サンダル」は配達時に危険なため禁止

髪型・髪色

自然な髪色であれば問題なし。意図的に派手に染めた髪色は禁止

帽子

出前館のロゴが入った帽子を着用

その他

マスク着用が必須。また、身だしなみは「清潔感・安心感」が感じられるものにする。ド派手な格好や奇抜なデザインの服装はNG

<出前館の配達員は以下のページで募集中!>

出前館の配達員として働く際に必要なものは?

出前館の配達員として働く際に必要なものは?

勤務開始前は、以下のものを用意しておきましょう。

①稼働車両(自転車、バイク、車)
②スマートフォン
③デリバリーバッグ
④領収書
⑤ペン
⑥釣り銭(現金支払いに対応する場合)
⑦免許証(バイクで配達をする場合)
⑧身分証(自転車で配達をする場合)

①稼働車両

アルバイトの場合は、出前館が車両(自転車orバイク)を用意してくれます。自前のものでも可能で、その場合は時給に+○円といった感じで別途インセンティブが付く場合があります。

業務委託の場合は、車両を自分で用意しなければいけません。使えるのは自転車、バイク、車で、レンタルサイクル・シェアサイクルなどのレンタル車両でも大丈夫です。

なお、バイク・車のガソリン代に関しては全て自費です。

また、125cc以上のバイク、車を使う場合は事業用ナンバーの取得が必要になります。事業用ナンバーを取得するには最寄りの運輸局へ必要書類を提出し、ナンバープレート代として1,500円ほどかかります。やや面倒なので、バイクを使いたい人は125cc以下の原付バイクなどがおすすめです。

②スマートフォン

アルバイトの場合は、出前館が専用スマートフォンを用意してくれます。

業務委託の場合は、自前のスマートフォンを使います。専用のアプリを入れる必要があるので、相当古い機種などは使えない可能性もあるのでご注意ください。

③デリバリーバッグ

アルバイトの場合は、出前館が専用のバッグを用意してくれます。

業務委託の場合は、自前の配達用バッグを用意します。なお、バッグにブランドロゴが入っている場合は、そのロゴを隠して使わなければいけません。

④領収書

領収書は各拠点に準備されています。

⑤ペン

領収書の宛名書きなどを書く際に使います。インクがしっかりつくものを用意しておきましょう。

⑥釣り銭

アルバイトの場合は、出前館が用意した釣り銭を使います。

業務委託の場合は、現金対応を選択した配達員のみ準備する必要があります。出前館は釣り銭について「18,035円(5千円札1枚、1000円札5枚、500円玉2枚、100円玉15枚、50円玉6枚、10円玉20枚、5円玉5枚、1円玉10枚)」を推奨しています。

出前館の配達員に関するその他Q&A

出前館の配達員に関するその他Q&A

出前館の配達員ができる年齢は?高校生でもできる?

出前館の配達員募集は18歳以上を対象としており、高校生は不可となっている場合が多いです。募集エリアによっては高校生でもできる可能性はあるため、該当エリアの求人情報をチェックしてみてください。

出前館の配達員は女性でもできる?

配達員の比率としては女性よりも男性の方が多いですが、体を動かすことが好きな人、体力に自信がある人なら女性も配達員として働けます。

実際、こちらの女性のように出前館とUber Eatsの配達員を並行してやっている人もいます。

出前館の配達員で効率よく稼ぐには?

出前館の配達員をしてガンガン稼ぎたい人は、まず大前提として歩合制の「業務委託」を選ぶ必要があります。

業務委託の報酬は1件◯円と固定報酬で、案件は早い者勝ちなので、稼ぐには短時間でたくさん配達をすることが重要です。配達件数をこなすには、配送手段で「バイク」を使う、効率の良いルートで届けるなど工夫をする必要があります。

また、配達依頼数はエリアによっても異なるので、配達依頼が多いエリアで稼働するなども稼ぐコツです。配達件数が多いエリアは、出前館に問い合わせることで教えてくれます。

さらに、出前館は配達員向けのキャンペーンを不定期で実施しており、キャンペーン実施期間中は配達単価が上がる(例:平日は報酬単価1.2倍、休日は最大1.4倍など)ので、こうした期間中に配達件数をこなすことも重要になります。

注文者から返品があった場合でも報酬は受け取れるの?

場合によっては、注文者が不在だったり、急な用事で受け取れないなどで届けた商品が”返品”されることもあります。その場合でも、業務委託の配達員には報酬がしっかり支払われるので心配しないでください。

<出前館の配達員は以下のページで募集中!>

-お役立ちコラム
-, , ,

Copyright© みんなのおすすめ求人NAVI , 2021 All Rights Reserved.

TOPへ